楽器買取ならマルカートにお任せ!
大阪・東京を拠点として全国対応!

楽器買取専門店マルカート

運営:ウッシュボーンミュージック

フリーダイヤル0800-888-1333 営業時間11:00~19:00 定休日なし 無料WEB査定

楽器買取専門店マルカートのブログ

YAMAHA ELS-02Cバイタライズです!ついでにELS-02Cとの違い!

 

ELS-01Cのディスプレイ、音源、ステッカーなどを交換して、

ELS-02Cと同等の機能を持たせたエレクトーンです!

1_r

 

この機種を見て真っ先に思い浮かんだのがこちら↓

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B6&safe=active&espv=2&biw=1366&bih=613&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjCxYzJyK7PAhVLJ5QKHbzbApMQ_AUIBigB

 

改めてみるとあまり似ていませんが。

 

 

純正ELS-02Cと比べてみると御覧のとおり。

img_7576_r img_7577_r

 

 

 

ルックスの差はあれど音源・リズム・音色がすごい量追加されるバイタライズユニットです!

詳しくはメーカーサイトをご覧ください。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/el-organs/gradeup/elsu-v02/?mode=model

 

 

純正のELS-02CとバイタライズELS-02C何か他に違いがないかと思って探してみるとありました。

鍵盤の高さが異なります。

純正ELS-02C

img_7581_rimg_7582_r

 

バイタライズELS-02C

img_7583_rimg_7584_r

 

鍵盤を押し込んだ時の高さはほとんど同じでしたが、

元の高さが2㎜ほどバイタライズELS-02Cの方が高い!

 

弾いてみると確かに純正ELS-02Cの方がレスポンスが早いような気がします。

 

ですが、ここが楽器の面白いところで、レスポンスが早い方が弾きやすいかと言われるとそんなことはなく、

弾き手の方の好みによって変わってしまう。

 

 

楽器の面白いところですが泥沼の入り口でもある弾き心地の差。

お入りの際はくれぐれも置きお気をつけて!

 

 

 

販売サイトに掲載中です!

 

バイタライズELS-02C

http://www.marucart.com/shop/?SHOP_PRODUCT+b+SHOP+c+46+d+5114+e+0+g+ba19697130+o+0+p+0+s+o+t+0+ACkEWxdkRHzdJM

 

ELS-02C

http://www.marucart.com/shop/?SHOP_PRODUCT+b+SHOP+c++d+5100+e+0+g+da19697130+o+0+p+0+q+ELS-02C+s+o+t+0

 

 

 

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

布袋モデル ギター

ギターを弾かない方でも何となく知ってる、

正にミュージシャンモデルの代名詞的なギターと言えば、

1

ご存じ布袋 寅泰氏のこのギターでしょう。

 

他にもダークスターやブラックファイヤーなど唯一無二の個性的なギターや、

ストラト、テレキャス、ゼマティスなど王道のギターなど数多く使用していますが、

やはりこの幾何学模様を見ると自然と血が沸き立つ40代店長です。

 

このTE-95HTには初期、中期、後期と細かな(マニアックな)仕様があります。

指板や造り込みが異なる上位モデルもあります。

 

そんな仕様違いの布袋モデルに囲まれたい!と買取強化いたします!

 

布袋モデルであれば、Fernandes(フェルナンデス)、Zodiac Works(ゾディアック ワークス)問いません!

高価買取致します。

 

ピックアップをEMGに代えちゃったなんていう改造も買取アップポイントです。

どんどんお問い合わせ下さいませ♪

 

 

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

’50s Fender Telecaster VS ’60s Pre CBS Fender JAZZMASTER!

フェンダーのテレキャスターとジャズマスターを弾き比べてみました!

 

 

うちのスタッフが個人的に買った52年製?と思われるテレキャスターと、
販売中の64年製のジャズマスターを弾き比べてみました。

IMG_7137
テレキャスターは全体的に音はまろやかな感じ。出力が少し弱く感じました。
ジャズマスターは1音1音が前に出てくる感じ。

 

最初の印象ではジャズマスターの方が使えるな、といった印象でした。
弾いていて気持ちがいいし、バンドで使うのにも音がちゃんと前に出てくれるかなと。 

 
ただ、少しの時間弾いていると分かってきましたが、
テレキャスターは高音の音伸びが素晴らしく、チョーキングをすると音が伸びます。
ジャズマスターは音がはっきりとしていますが、チョーキングをした時の音の伸びがテレキャスに比べるとイマイチ。
ローズ指板とメイプル指板の違いかもしれませんが、ここは明確に違いました。

 

 
そして音の揺れ方が大きく違いました。
テレキャスはアコースティックな音の響きがあり、それにより音がまろやかになっている印象。
 

 
ジャズマスターもさすがビンテージ!といった感じでボディーがすごく軽く感じましたが、
テレキャスほどのアコースティックな鳴りは体感できませんでした。

 
 

ですが、この程よい加減が1音1音を際立たせなおかつ弾いていて心地よい体験を与えてくれているのかもしれません。
まとめると、普通にプレイする分、特にバンド演奏での使用にはジャズマスター。
アコースティックなギターの鳴り、チョーキング時の音抜けの良さを求めるならテレキャスター。

 

価格差が激しいので、そのあたりも選ぶときに重要なポイントになりますね。
コストパフォーマンスで考えれば圧倒的にジャズマスターですが、
今回のテレキャスを用意したスタッフのように、
それだけでは決まってしまわないのがギターの面白いところですね!

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

1 / 11712345...102030...最後 »

まずは無料査定をお試しください!

フリーダイヤル0800-888-1333 営業時間11:00~19:00 定休日なし

無料WEB査定はこちら

ページトップへ