楽器買取ならマルカートにお任せ!
大阪・東京を拠点として全国対応!

楽器買取専門店マルカート

運営:ウッシュボーンミュージック

フリーダイヤル0800-888-1333 営業時間11:00~19:00 定休日なし 無料WEB査定

楽器買取専門店マルカートのブログ

2013-08-15

多弦ベース

 

通常エレキベースと言えば4弦が標準です。

しかし最近は弦の本数が4弦を越える5弦,6弦のベースが増えています。

各メーカーさんも多彩な種類のベースを出されていますね♪

中には8弦や9弦,10弦などもあります♪

 

今回ご紹介するのは多弦ベースの入門にオススメなこちら!

1

Ibanez SR506(アイバニーズ) 6弦ベースです!

弦が6本なのでよくギターと同じチューニングと思われがちですが

6弦→B 5弦→E 4弦→A 3弦→D 2弦→G 1弦→C

となります。

低音側、高音側にそれぞれ1本弦が追加されています♪

低音側でボトムを支えつつ、綺麗なメロディラインも演奏できるので

かなり楽しめる幅が広がります♪

慣れるまでは大変ですがポイントを掴んでしまえばいつまでも使い続ける1本になると思います♪

 

 

 

 

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

アコスティックギターの弦交換

 

本日はアコースティックギターの弦交換をお届けいたします。

 

モデルとなってくれるのはTokai(トーカイ) Cat’s Eyes のCE-300です。

1

永らく弦が交換されていなかったのか、 弦がかなり錆びております。

2

ではレッツ弦交換♪

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

まずは(大胆に)弦を切ってしまいます。

3

爪きりなどでも切れますが、爪切りの刃が駄目になってしまうので、

ニッパーで切ることをお勧めします。

 

ペグに巻きつけられているのも(やさしく)取り外します。

そしてピンの取り外し。専用のブリッジピン抜きで、 テコの原理で(華麗に)順番に抜いていきます。

4

せっかくなので、当ブログで以前にご紹介したフレット磨きも(手際良く)行っていきます。

5

そして、汚れ取りと指板の栄養補給もかねてレモンオイルをしみこませたクロスで(丁寧に)磨きます。

9

 

では、準備が整いましたので新品の弦張りを(慎重に)。

まずは6弦から。

10

まずはボールエンドと呼ばれる弦の先に付いているまるいものを穴に入れます。

入れたらブリッジピンを押し込みます。

11

差し込み終わった後は弦を真っすぐ伸ばして、4弦のペグポストと5弦のペグポストの真ん中あたりで折り目をつけます。

 

1弦は同じ長さで、5弦、2弦はペグポストの間1個分長く、4弦、3弦はペグポストの間2個分長い所で折り目をつけます。

12

 

弦を曲げたら先端からペグポストに通して曲げたところでとめます。

1周目は弦の先端側の上側に巻きつけていきます。

↓こんな感じで。

13

1,2,3弦は時計回りに巻いて、

4,5,6,弦は反時計回りに巻いていきます。

 

全ての弦を張り終えたら交換完了!

 

最後にボディーも拭いて(美しく)ピッカッピカに。

 

1415

いや~何度やっても弦交換はいいもんですね。

 

 

 

※( )内は僕の勝手なキャッツアイのイメージです。 あまり弦交換とは関係ございません。

 

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

一人ランディーローズトリビュート2

お盆も営業中のマルカートです。

 

とても暑いです・・・

 

が、そんな中でも元気にがんばってます!!!

 

そのがんばりのおかげか、こんな素敵なギターと巡り合えました!

 

BURNY(バーニー)のLC-70RR ランディーローズモデルです!

 

1

 

かっこいいですね。

 

 

 

2

ヘッドのダイヤモンドインレイ

 

 

3

ピックガードには「RANDY RHOADS」の文字が・・・

 

AFTER HOURS のスタジオ・ライブ映像でもおなじみのこのギター。

カール・サンドヴァルというクラフトマンによって製作されたフライングVの印象も強いですが、

(アルバム オジーオズボーントリビュート~ランディーローズに捧ぐ~の表紙でもおなじみのVです。

ちなみに裏表紙はレスポールカスタム)

やはり白のレスポールカスタムが良く似合います。

 

ギター教師をしていたランディーローズ先生。 近くにこんな素敵な先生がいたらなぁ~

 

↓デジマートに掲載しています!

http://www.digimart.net/cat01/shop4904/DS02099964/

 

 

================================
楽器買取マルカート
[関西エリア]
大阪府豊中市蛍池東町3-4-2 サントピア豊中1F
[関東エリア]
東京都板橋区中丸町13-1 ゲオタワー池袋1階
TEL:0800-888-1333
お問い合わせ ⇒ こちら
査定依頼 ⇒ こちら
【姉妹サイト】
楽器買取専門店 楽器買取No.1
中古楽器専門店マルカート
================================

1 / 212

まずは無料査定をお試しください!

フリーダイヤル0800-888-1333 営業時間11:00~19:00 定休日なし

無料WEB査定はこちら

ページトップへ